相続した家の売却

家を売る際に発生することがある所得税は、特別控除を利用することで事実上無効に出来ますが、そのためにはいくつか条件を結ばなければなりません。そのうちの条件の一つが、マイホームとして一定の期間利用していたという記録なのですが、もし遺産として家を相続して、それを売却した場合は、マイホームとして利用した実績は無かったということになります。もし相続した家の所得税を無効にしたいのであれば、他の控除を利用してみましょう。

所得税控除に関する制度は数多く用意されており、マイホーム以外の住居についても、何かしらの控除が利用できる可能性があります。相続した住宅の場合も、マイホームと同様に、3000万円の控除が受けられますが、その条件として、平成28年4月1日~平成31年12月31日前までの譲渡や、昭和56年5月31日までに建築された住居、相続開始の直前まで、同居人がいないことなどが挙げられます。正確な情報を確認できていないものがあれば、早めに調査しておきましょう。

家を相続した後、そのまま住居として使う方もいれば、空き家の状態で放置してしまう方もいますが、放置した住宅にも税金はかかりますし、知らないうちに誰かが侵入するなど、犯罪に巻き込まれることもあります。相続した住居の控除が空き家特例と呼ばれているのも、税負担を減らし、空き家を可能な限り減らすために利用されている背景が関係しています。

控除が使える条件

マイホームを手放すことになった際、その価値がどうなるかは、家を買った当時との状況の違いでずいぶんと変わります。たとえば家を建てたばかりのころと比べて、不動産の価値が大きく上昇している場合、家を売却することで所得税が発生することがあります。当然所得税を支払うことになれば、その後の暮らしにも影響するので、控除が使える条件が何か正確に把握しておきましょう。

3000万円の特別控除を受けるためには、4つの条件を満たさなければなりません。たとえば譲渡する前の期間は、売却する住宅に住まなくなってから、3年を経過する大晦日までとなっています。他にも譲渡する方に家族関係や血縁関係が無いか、一昨年まで同様の特約を受けていないか、買い替え特例などは受けていないかといった条件があるので、いずれも満たしているかきちんとチェックしてください。

また、控除を利用する際は、軽減税率の特例も同時に適用される可能性があります。所有期間10年越えのマイホームを売却する場合、売却時にかかる税率が軽減されるので、二つの減税が適用されることで、特別控除だけでは賄いきれなかった所得税も、必要最低限に抑えられます。所得税は国にとっては貴重な財源ですが、そのせいで不動産の売買が進まないと、利益を生むチャンスが生まれません。だからこそ減税のための制度は非常に充実しているので、家を売る際は特別控除をチェックしておきましょう。


関連記事

負担を避けて家を売る

マイホームを売却すれば、当然多くの現金を得られますが、多額のお金が手元に入ったときは、税金が課税されるのが一般的です。住居も売った場合も、所得税が発生することになっていますが、そのままだと税負担を避けるために家を売る人が減ってしまうので、国では特別控除を用意することで、より積極的に家を売ることが出来る環境づくりに努めています。マイホームの売却を検討中の方は、特別控除についても知っておきましょう。

マイホームを売却した際、譲渡価格に対して所得費と譲渡費用を差し引いた金額を、課税譲渡所得として処理します。課税譲渡所得がプラスだと所得税が発生するのですが、特別控除を利用すると、3000万円の控除を受けられます

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。

これだけの控除を受けられれば、大抵は所得税がまったくないのと同様の取引が行なえるので、マイホームを売ってからの所得税の支払いに悩まされることは無くなるでしょう。ごく稀に特別控除を受けても課税譲渡所得がプラスになるケースもあるようですが、その場合も何かしらのサポートを受けられるようになっています。

特別控除を受けるためには、いくつかの条件を満たさなければなりませんが、そもそも所得税が発生しないことのほうが多いので、特別控除が受けられないからと、必要以上に心配する必要はありません。もしも所得税が発生して、特別控除を受けなければならなくなったときは、税務署に確定申告をする際に、控除の申告も合わせて行ないましょう。必要書類などは、国税庁のホームページなどでも説明しているので、前もって確認しておくのをオススメします。